肘内障

LINEで送る

日が暮れるのが早くなってきましたね。

重ね着を楽しみたいです。

今回は肘内障です。

  肘内障とは、学齢前、特に2~4歳の小児にしばしば見られるもので、橈骨頭が橈骨輪状靱帯から逸脱した状態です。

 簡単に言うと、小さなお子さんの肘関節の亜脱臼です。

chunaisho_03-l

 小児の橈骨頭の形状は成人と比べ、軟骨成分が多く、輪状靭帯も柔軟性に富んでいるので、 手を引っ張った状態になると、輪状靭帯が亜脱臼してしまい、肘の運動を妨げてしまいます。

  ほとんどの場合、子供の手をグッと引っ張った際に抜けたてしまうというケースが多いのですが、稀に子供自身がうつ伏せで寝ていて、身体と床に腕が挟まっている状態から自分で腕を抜こうとした際に肘内障を起こすこともあります。

  肘内障は、抜けている間は常に痛みがありますが、整復してしまえばその場で痛みは消失します。

 このような症状が出た時は、すぐに当院で診させて頂ければ、その場で整復することができます。

  ただ、一度肘内障になってしまうと癖になることが多いので、急に手を強く引っ張ったりしないように注意が必要です。