ドゥケルバン病

LINEで送る

スタッフの遠山です。

今日はドゥケルバン病(狭窄性腱鞘炎)についてです。

 

ドゥケルバン病は親指を通る長母指外転筋短母指伸筋腱をトンネルのように囲む腱鞘という部分が炎症をおこし親指から手首にかけて痛みがでてきます。

 IMG_20150714_1

指を酷使する方や更年期の女性に多く、最近では赤ちゃんを抱っこしていて痛くなったという方がよくいます。

 

指を動かしたり物を持ち上げたり、雑巾を絞るような動作で痛く感じます。

 

診断(フィンケルシュタインテスト)

 親指を手の中に入れて握りこぶしをつくり、小指側に手首を曲げて写真の赤丸らへんが   痛くなります。

20150714_162654

 

当院の治療としては超音波治療・レーザー治療などをしていきます。

 

酷くならないうちに治していきましょう。

 

menulogo